加圧してトレーニングする|効率良く運動ができるパーソナルトレーニングで体を引き締めよう

効率良く運動ができるパーソナルトレーニングで体を引き締めよう

男の人と女の人

加圧してトレーニングする

男性

加圧ベルトは正しく使う

加圧トレーニングというのは、体に一定の圧力を加えながら運動することで効率よく鍛えることが出来るというトレーニング方法になります。その際に、加圧ベルトという専用の道具を使って運動しますが加圧ベルトは正しく使う必要があります。加圧ベルトは、血流を調節する為に必要なもので主に足の付け根か二の腕に装着する形になります。しかし、足と腕に同時につけるのは良くないので必ずどちらか一方につけるようにします。また、加圧ベルトは素肌に直接そのままつけると敏感な場合は特にかぶれやすくなるので必ず衣類の上から装着することが大事です。加圧ベルトを正しく使うことで、加圧トレーニングを安全に行うことが出来るようになります。

速筋と遅筋を同時に鍛える

加圧トレーニングが人気なのは、通常同時に鍛えることが出来ない速筋と遅筋を鍛えることが出来るという点です。通常、速筋を鍛えるには筋肉に負荷がかかるようなトレーニングを行う必要があり短期間でも筋肉を増強させることが可能になります。一方、遅筋は筋肉の負担が少ない軽めのトレーニングを長期的に行うことで鍛えることが出来て体全体を引き締めたり持久力をつけることが可能です。運動の内容が違うため、速筋と遅筋を同時に鍛えることは出来ませんが加圧トレーニングであれば加圧することで同時に鍛えることが出来ます。そのため、効率よく筋肉を鍛えることが出来て長時間体に負担がかかる運動をしなくても身体機能を高め健康につなげることも出来ます。